読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川泉ポメ@映画感想日記

川泉ポメの日記。映画や本の感想を描く用のブログ

シン・ゴジラ見てきました!

シン・ゴジラ見てきました!
みんな言ってるけどめっちゃよかったです。

川崎のIMAXで見たのですけど、公開2週目の日曜日だけど満員でした。
他と見比べてないのでどうこうってあんまり言えないんですけど音響はやっぱりすごかったです。
上映中、誰か後ろの席でおしゃべりしてて「うるさいなー」って思ったら、それはよく聞いたら演出で、本当に自分のちょっと後ろくらいで聞こえましたねー!

※注意 ネタバレします。

 

シン・ゴジラ音楽集

シン・ゴジラ音楽集

 

 


ゴジラは最初の形態めちゃ可愛くて、めだまー!!!
目玉がよかった…!!!
あの可愛い形態で、なぜか蒲田の呑川から上って来て、昼間だし絵的にはそんなに怖くないんです。
「なんで呑川wwww」なんて思ってたんですけど、その怖くないはずの
第一形態のぐろ可愛いゴジラが川を遡上すると、まるで311の時の津波の映像みたいに川が船やがれきで埋まって逆流してみんなが逃げまどって
ようつべの津波の映像みたいに、ぼーっと眺めてる人もいればゴジラスマホで撮ってる人もいて
すごい怖いしヤバいけど、ここから離れれば命は助かるし「ヤバくない?!逃げた方がいい?!」って感じの怖さでした。

鎌倉から再びインしてくる時は昼間だし、絵的にはやばい、来た!くらいなんだけど
鎌倉の見たことあるお寺や海岸にやって来て、あれ?でかくない?!って思ったら、横浜や川崎がめっちゃ蹂躙され放題…鎌倉からインしてなんで扇島?!?!…って思ったりもしたけど、扇島いいよね…わかる!
それから、東京と神奈川の間にある多摩川河川敷で自衛隊が総力をあげて向かい打つ……かっこいい…!!!!!

なんだかんだで突破されて、都内。

ルート的に渋谷に来るのかなーって思ったけど違ったんご!

それから、夜のゴジラは本当に破壊神の名を欲しいままに、飛ぶものは破壊光線で撃ち落とし、地面を這うものは放射性のゲロで焼き殺す。

最初の可愛かったゴジラの「もしかしたら、保護・捕獲が可能なのでは?!」って雰囲気はみじんもなくなって
ただ、手の施しようのない巨大な災害を、テレビで見てるみたいな…夜の黒と炎の対比が死ぬほど美しいけど死ぬほど絶望的で。

あとは無人在来線爆弾めちゃ面白かったです。すき!
それと、あのコンクリ流し込む機械でゴジラを倒しに行く作業をする人は実質特攻に等しいと思うんだけど、そこのヒロイズムをまったく書かなかったのがすごく潔かった。

この映画はすごくアップのショットが多いので、
國村隼さんや余貴美子さんの顔力が心に残りました…!
あとやっぱ、これだけアップが多いと主役の役者さんが、一重なのか二重なのか並行二重か奥二重なのかでも雰囲気がきっと変わると思うんです。
そういった意味では、この映画をどこかクールな感じに仕上げてる一端は、長谷川博己さんのすっきりした一重まぶたとえぐみの少ない顔立ちも関係してる!と、私は思います。

あとはこう、米国の植民地ガーとか傀儡ガーとか先の大戦の教訓ガーとか…大人の中2病っぽくて好きです。

石原さとみは、あのキャラは結構ギリギリだと思うんですけど、そのギリギリをうまく渡り切ったと思います。
ZARAどこ?!って言ってたけど、ちょうどZARAの入ってるSCで見たのでめちゃ笑いましたw
会議のシーンで最初にエヴァの音楽がかかるシーンでは、映画館に苦笑がこぼれて、心が一つになったのを感じました…。シンゴジは人類補完計画だったよ。。。!