川泉ポメ@映画感想日記

川泉ポメの日記。映画や本の感想を描く用のブログ

未来を花束にして

 

未来を花束にして(字幕版)

未来を花束にして(字幕版)

 

 サフラジェット運動を描いた作品です。これもネトフリで見ました。

イギリスの婦人参政権運動を描いた作品なんですけどまず画面作りがすごく良くて、重くどんよりとした空気の中で光影を強調してて陰影が美しくて、スパイ映画みたいにかっこよかったです。

主人公は夫を愛し息子を溺愛する若い母親だけどその人生はクソクソ所長からの性虐待やセクハラに満ちてて、彼女の母親の人生もそうで…でも娘世代までこんな目に合わされるのおかしいだろ!!!絶対変える!ってなって参政権運動にのめりこんでいく姿は、…私も自分より若い世代の女の子が性差別や性的な虐待にあうの我慢できない!わかる!って思いました。

主題である、過激な抗議活動は当時のサフラジェット運動家の中でも賛否があったことらしいんですが、その賛否の分かれる過激な破壊活動をしても鼻であしらわれて、結局死人が出るまで改正はなされなかったことを考えると、死人がたくさん出ても変わらない法律が世の中にたくさんある中で結果を出せたのは奇跡だなぁって。。。

 

見てる時、黒人の公民権運動の映画と相似形になるように作ってるのかなって思ったんですけどどうでしょうか?

黒いコート、黒い服を着た女性たちが通りを歩く感じとか。

 

でもイギリスで女性が男性並みの参政権を得るのは1928年だそうで、まだ100年も経ってないんですよね。

 

私は生まれた時からその権利を手にできてるので本当に恵まれてる…選挙行くぞ!って思いました。

ぼくらを見る目

ボクらを見る目…ネトフリで見ました。

この事件は知らなかったんですけど有名な冤罪事件なんですね。

白人女性を強姦致傷した疑いで5人の黒人少年たちが有罪判決を受けて…警察の横暴や横暴や横暴がとにかく横暴で、ムショは基本地獄で、でもシャバも地獄で。。。

 

タイトル通り「女性をレイプした」とされた(冤罪事件)少年たちをみる女性たちの目の冷たさ、リンチしようと待ち構えるナチかぶれたちのニヤニヤした目つき、あと看守のクソい目つき…役者さんてすごいです。

 

でも数年後に別の黒人少年が事件を告白し、彼らは名誉回復するけど失われた年月は戻ってこない。

 

でも世間の女性が強姦で有罪になった人を冷たい目で見るのはしょうがないことだと思うんですよね…私自身、世間の性犯罪者に対してたぶん冷たい目で見てるし。

なので…性犯罪で有罪判決を受けた人に対してどう接するかというのは難しいことです…再犯率の高い種類の犯罪だし…どれが冤罪でどれが冤罪じゃないかなんて私たちにはわからない…。(多分本物のレイプ魔も「冤罪だ!」っていう)

 

もっと人種差別についての視点で見るべきなんだろうけど冤罪…真犯人の告白…警察の横暴…それらについて人々がとるべき立場とは?!って考えると、うーん…としか言えなくて…

****************

ドラマは思っていた以上にポエトリーで音楽たくさんで幻想的な絵作りで、しんどい題材ながら最後まで止まることなく見れました!

あとドナルド・トランプの人はまじまじで炎上がお好きなんですね…

 

I Am the Central Park Jogger: A Story of Hope and Possibility (English Edition)

I Am the Central Park Jogger: A Story of Hope and Possibility (English Edition)

 

 これは被害者の方の手記みたい。

 

ミス・シェパード

 

 これもネトフリで見ました。

イギリスのお金持ちっぽい住宅街で汚いワゴンに住む不潔で偏屈なおばあさんにまつわるお話で

セレブも出てこなければ若くてルックスのいい役者さんが出てくるわけでもなく、アクションも、華やかな恋愛劇もないのにそれでも十分に楽しくて面白くて泣けたり意地悪だったりしながらも

ちゃんと物語としての着地もあるすごいお話でした!

お話の構成や撮り方も素晴らしいんですけど

役者さんの演技がすごく良くて、ダウントンアビーのおばあさんのひとがタイトルロールを演じてるんですけど表情の変化が素晴らしくて

老齢になってもこんなすごい表現ができるなんて本当にすごいって思いました。

アラン役のアレックス・ジェンングも素晴らしくて…!

あとライティングが人物はちゃんと明るく映るのに家や車内は自然な暗さがあってよかったです。イギリス映画は独特の家屋の暗さが映画では映えますね。

何となく見た作品だったけどすごくよかった!

サウルの息子

 

サウルの息子(字幕版)

サウルの息子(字幕版)

 

 アウシュビッツ強制収容所でゾンダーコマンドとしてユダヤ人を虐殺する手伝いをさせられるユダヤ人が主人公で、主人公は殺された息子をどうにか埋葬しようと手を尽くすが…。

 

ネトフリで見たこともあって画面サイズやボケは気になりませんでした。

逆に普通の画面サイズ、カメラワーク…で作られたならたぶんここまで主人公の内面に迫った作品にはなってなかったと思います。

 

絵的にはえぐえぐのえぐで

ナチスって本当にシステマチックで合理的な手段でユダヤ人を騙して殺して燃やして灰を川に流して…とっても怖かったです。

合理的っていうのは必ずしも善ではないなってつくづく思いました。

 

賛否分かれる主人公の言動ですけど

息子をユダヤ教のラビによる正式な祈祷で息子を埋葬したい…というのは父親としては当然の希望であり非難されることではないはずなんだけど

でもそれをわがままで自分勝手なことに感じてしまう自分が嫌だなーって感じたり。

ラストシーンの意味が分かんなかったけどいくつか批評サイト見たけど、これからはあの少年が歴史の目撃者となる…って意味なのかなって思いました。

(だからカメラが主人公から離れて少年についていく)

 

とってもおすすめな映画です。

 

マジック・マイク

 

マジック・マイク (字幕版)

マジック・マイク (字幕版)

 

 普通に考えると最初出てくる童貞っぽい男の子が主人公だと思うんだけど

チャニング・テイタムが主人公でびっくりだった…

バーレスクだったらアギレラじゃなくてシェールが主人公みたいなものですよ!?

 

序盤中盤はダンスがいっぱいで楽しかったんですけど

だんだんクスリがどうの将来がどうの、年食ってルックスが衰えたら死ぬだけみたいな地獄行みたいになってきて…

 

いままでの物語の終わりと新しい関係の始まりをにおわせて終わるラストは不評と好評に分かれてるみたいだけど

スタッフロールの脇でメンズが踊りまくれば多分ゆるされた…

ダンス映画のスタッフロールはやっぱり踊りまくってほしいです。

STRIKE A POSE

 

 これもネトフリで見ました。

かつてマドンナのバックダンサーを務めた男性ダンサーのその後の人生と当時の振り返りをまとめたものです。

登場する全員がIN BED WITH MADONNAが大ヒットしたことにより人生が変わってしまった人ばかりなんですが、良い方に変わった人、後悔を残した人、家族からの恨み…

若いころに夢をかなえるって言うのはすごく憧れることだけど

その後の人生を考えるとすごく重いことなのかもって思います。

序盤単調だったけど、中盤以降はダンスシーンも多くて引き込まれて見れました。

 

#REALITYHIGH/リアリティ・ハイ

#REALITYHIGH/リアリティ・ハイをネトフリで見たので感想です。

古典的なネタの一つである「地味でダサくてでも真面目ないい子が セレブな異性に好かれて 浮かれてハメを外し 中略 仲直り」

ってやつに

友情と

SNSの闇と

 

可愛い犬!!!!

 

が入ってるのでつまんないわけないじゃないですか?!

 

好感の持てる主人公とかれぴと定番のお話だけど

そこに可愛い犬が絡んでくるんですけど、その犬がもじゃっとしたいい感じの犬ばかりで良かったです。